ソーダストリーム

【ドリンクメイト「シリーズ630」をレビュー】「シリーズ631・620」との違い!どんな人におすすめ?

ソーダストリーム
記事内に広告が含まれています。
炭さん
炭さん

炭酸大好き「炭さん(たんさん)」です!

炭酸メーカーを7年以上使った経験をもとに、炭酸を楽しむための情報を『しゅわしゅわブログ』で発信中。

最高の炭酸ライフを過ごしましょう♪

しゅわちゃん
しゅわちゃん

ぼくは「しゅわちゃん」! 

炭酸の化身だよ!

ドリンクメイトの種類が多すぎてどれを選べばいいか分からない…

そんな方におすすめしたい機種の一つとして、最新モデル「シリーズ630」があります。

ドリンクメイトといえば、他のソーダメーカーにはない、水以外のジュースやお酒にも炭酸注入ができる機能や、大容量のガスシリンダーが使える機能が魅力的ですが、「シリーズ630」には、さらに「ガス残量が分かる機能」が搭載されました。

つまり、「シリーズ630」は、ドリンクメイトの嬉しい機能を詰め込んだ最高性能の機種なんです!

今回は、高性能な新機種「シリーズ630」について、特徴や他機種との違いなどを徹底解説していきます。

「シリーズ630」の購入を迷っている方は、きっと結論が出るはず。ぜひご覧ください!


 

スポンサーリンク

ドリンクメイトとは

引用元:ドリンクメイト

炭酸飲料が大好きという方は多いと思います。スーパーでペットボトルや缶の炭酸飲料を買って、自宅や外出先で飲んで楽しむ…最高ですよね!

そんな炭酸ライフを、コスパ良く、手間なく、エコに、さらに楽しく過ごせる方法があったら、やるっきゃない。

その方法こそが、「ドリンクメイト」!!!

ドリンクメイトは、自宅で簡単に炭酸飲料が作れるソーダメーカーです。

炭酸水を作ってシロップを足すのはもちろんのこと、ジュースやお酒に直接炭酸注入してオリジナルソーダジュースやスパークリングワイン、発砲日本酒を爆誕させる楽しみ方もできちゃいます♪

 

スポンサーリンク

ドリンクメイト「シリーズ630」とは

2022年7月1日発売、電動モデルの最新機種「シリーズ630」

デザインは、オートマチックシリーズの大人気機種「シリーズ620」を踏襲したもので、スタイリッシュ。

「シリーズ620」に搭載されている機能に、さらに便利な機能が追加されました。

「シリーズ620」の機能
  • 水以外に炭酸を注入できる
  • 炭酸濃度を4段階に調整できてお好みの炭酸ができる
  • 142Lのマグナムガスシリンダー対応でコスパよし

「シリーズ630」で追加された機能
  • 炭酸濃度が4段階から6段階調節にグレードアップ
  • ガス残量表示で計画的にガスを交換できる

ガス残量表示があることで、ある日突然ガス切れ…という事態が避けられるようになります。また、ガス残量が少なくなったら新しいガスシリンダーを準備したり、店舗に交換をしにいく予定を立てたりと事前に準備ができます。

ドリンクメイトの英知を詰め込んだ最上位モデル、それが「シリーズ630」です。

めちゃくちゃ気に入ったけど高くて買えない…という方は、「シリーズ630」とほぼ同じ機能で安価のコストコモデル「シリーズ631」があります▼

 

スポンサーリンク

「シリーズ630」の特徴

「シリーズ630」の特徴を5つお伝えします。

 

特徴① 炭酸濃度を6段階に調整できる

引用元:ドリンクメイト

上部にあるダイヤルを回すと、炭酸濃度を6段階(微炭酸~強炭酸)に調整できます

濃度を調整したら、あとはボタンを押すだけ。お好みの強さの炭酸飲料を簡単に作ることができます。

電源なしの場合は、手動にて炭酸注入できます。

 

特徴② ガス残量表示機能がある

引用元:ドリンクメイト

今日もお疲れ!と一日の疲れを癒そうと炭酸注入したらガス切れ…そんなソーダメーカーにはあるあるな残念な状況も、「シリーズ630」なら無問題!

「シリーズ630」は、ドリンクメイト初となる、ガスシリンダーの残量が分かる機能が搭載されているんです

炭酸注入後にマシンヘッドをあげて約3秒後、ガスの残量が100~10%までの5%刻みで表示されます。ガス残量が10%を切るとアラームが鳴り、なくなるとエラー表示が出るため、ガスがなくなるタイミングをしっかり把握することができます。

電源なしの場合でも、単四電池2本入れることにより、ガス残量が分かるようになります。

 

特徴③ 水以外に炭酸が注入できる

「シリーズ630」は水以外にも炭酸が注入できます。

ジュースやお酒などに炭酸を注入してオリジナル炭酸ドリンクを作ったり、気の抜けたソーダやビールに再度炭酸を注入してしゅわしゅわを復活させるような使い方も可能です。

水以外にも炭酸が注入できる秘密は、炭酸を注入する部品(インフューザー)を取り外して洗浄できるから。他メーカーにはない、炭酸飲料の楽しみ方が広がる機能です。

ドリンクメイトで水以外を使用する際の注意点

一度に350mlまでしか作れない
水以外に炭酸を注入するときは850mlボトルを利用しても350mlまでしか入れることができません。ガスの消費量も水に比べ多くなります。

ボトルのお手入れが大変
ボトルの口が小さいためスポンジなどで綺麗に洗うのは困難です。使用する飲料によっては、専用ボトルに色移りがあったり臭いも残ってしまう懸念もあります。

インフューザーのお手入れが必要
使い終わったインフューザーを流水で洗うひと手間があります。

 

特徴④ マグナムガスシリンダーも使える

「シリーズ630」は60L用と142L用のガスシリンダーに対応しています。

142L用のマグナムガスシリンダーは1Lあたりのコストが下がります。さらに、面倒なガスシリンダー交換の頻度も少なくなるメリットがあります。

しゅわちゃん
しゅわちゃん

お財布にやさしく、面倒も少ないガスシリンダー最高!

ガスシリンダーの交換時は、60L用を返却して142L用を購入するなど、違うサイズ同士の交換も可能です。

 

ドリンクメイトのガスシリンダーについて交換方法やコストについて詳しく知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください▼

【ドリンクメイトのガスシリンダー完全ガイド】種類・交換目安・交換手順・購入方法・返却方法!

【ドリンクメイトのガスシリンダー完全ガイド】種類・交換目安・交換手順・購入方法・返却方法!
炭さん 炭酸大好き「炭さん(たんさん)」です! 炭酸メーカーを7年以上使った経験をもとに、炭酸を楽しむための情報を『しゅわしゅわブログ』で発信中。 最高の炭酸ライフを過ごしましょう♪ しゅわちゃん ぼくは「しゅわちゃん」!  炭酸の化身だよ...

 

特徴⑤ 大人気「シリーズ620」を踏襲したデザイン

デザインは、オートマチックモデルで人気のある「シリーズ620」のデザインを踏襲したシンプルなデザイン。

カラーは ブラック● ホワイト〇 の2種類。

電源コードを必要とするタイプなので、コードが目立たない場所に置くとスッキリ見えておすすめです(電源コードがなくても炭酸注入できますが、炭酸濃度を調節する機能が使えません)。

 

スポンサーリンク

「シリーズ630」の使い方

以下の手順で炭酸飲料を作ることができます。

  1. ガスシリンダーをセット
  2. 電源コードをセット
  3. ボトルをセット
  4. 炭酸濃度を設定する
  5. ボタンを押して炭酸注入
  6. ボトルを取り外してガス抜き
  7. 炭酸水の完成!

 

手順① ガスシリンダーをセット

「シリーズ630」は60L用と142L用のガスシリンダーを使用することができますが、セットする方法が若干違います。

60L用ガスシリンダー

引用元:ドリンクメイト

本体の背面カバーを取り外し、パッキン落下防止キャップを取ります。ガスシリンダーを時計回りにねじってセットします。

 

142Lマグナムガスシリンダー

引用元:ドリンクメイト

本体の背面カバーを取り外し、パッキン落下防止キャップを取ります。底部にある固定アダプター真上に引っ張って外したら、ガスシリンダーを時計回りにねじってセットします。

 

手順② 電源コードをセット(乾電池)

引用元:ドリンクメイト

電源コードを本体に、電源プラグをコンセントに、差し込みます。

※乾電池の場合は、ガス残量表示のみで、炭酸濃度の調整はできず手動注入になります。

 

手順③ ボトルをセット

引用元:ドリンクメイト

ボトルの水位線まで水を入れたら、ボトルにインフューザーを取り付け、本体に差し込みながら時計周りに回してセットします。

※水以外に炭酸注入する場合は、ボトル下部の「水以外の水位線」まで飲料を入れます。

 

手順④ 炭酸濃度を設定する

引用元:ドリンクメイト

炭酸濃度設定レバーを回して、「1」の微炭酸から「6」の強炭酸まで、お好みの濃度に設定してください。

 

手順⑤ ボタンを押して炭酸注入

引用元:ドリンクメイト

上部にあるボタンをグッと1回押すと、設定された濃度まで炭酸が注入されます。さらにボタンを短く押すと追加で炭酸注入ができます。

非電動モードのときは、ボタンを短く複数回押して炭酸注入します。

  

手順⑥ ボトルを取り外してガス抜き

引用元:ドリンクメイト

炭酸注入が終わったらボトルを手前に引いてマシンヘッドをあげ、インフューザーをねじって本体からインフューザーとボトルを取り外します。取り外した約3秒後にガス残量が表示されるので確認します。

その後、インフューザーの上部にあるレバーを反時計回りにスライドしてガスを抜きます。

※水以外に炭酸注入したときは、吹きこぼれ防止にガス抜きをゆっくり行うようにします(スローリリース)。

 

手順⑦ 炭酸飲料の完成!

引用元:ドリンクメイト

ボトルからインフューザーを外したらグラスに注ぎましょう。シュワシュワ~パチパチッと音を立てるおいしい炭酸飲料のできあがり♪

しゅわちゃん
しゅわちゃん

できたて生炭酸を楽しもう!

余った炭酸飲料を保存する際に、インフューザーをフタ代わりにするとボトル内の内圧により飛ぶ危険性があります。必ずボトルからインフューザーを外してボトルキャップを付けて保存するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

「シリーズ630」と他機種の比較

炭さん
炭さん

「シリーズ630」は素晴らしい機能が豊富で一押しの機種ですが…ドリンクメイトの他機種と比べてどうなのか気になりませんか?

しゅわちゃん
しゅわちゃん

他機種との比較、知りたい…!

ということで、「シリーズ630」とドリンクメイトの他の機種を比較してみました。

 

ドリンクメイト全機種比較表

公式サイトで販売されているドリンクメイトの現行モデルの比較表です。

モデル品番
(DRM)
デザイン参考
価格
(税込)
炭酸
注入
可能な
飲料
炭酸
注入
方法
対応
シリンダー
ボトル
着脱方法
ガス
抜き方法
ガス
残量
視認
サイズ
(W×

H)
重量
電動
モデル
631
(1022)
水以外
OK
6段階に
設定後
レバーを
1回押す
60L
142L
少し
回す
インフューザー
(レバー)
15.0×
23.5×
42.5
2.18
kg
630
(1020
/1021)
●○水以外
OK
6段階に
設定後
ボタンを
1回押す
60L
142L
少し
回す
インフューザー
(レバー)
13.5×
23.0×
42.5
2.45
kg
オート
マチック
シリーズ
620
(1010
/1011)
●○水以外
OK
4段階に
設定後
ボタンを
1回押す
60L
142L
少し
回す
インフューザー
(レバー)
×13.5×
23.0×
42.5
2
kg
601
(1012
/1013)
●○水以外
OK
ボタンを
1回押す
強炭酸なら
再度押す
60L少し
回す
インフューザー
(レバー)
×12.5×
22.0×
41.3
1.7
kg
560
(1014)
水のみボタンを
1回押す
強炭酸なら
再度押す
60L少し
回す
ボトルを
手前に
引く
×12.5×
21.4×
41.3
1.5
kg
ベーシック
シリーズ
ベーシック
(1001
/1002)
水以外
OK
好みの強さ
になるまで
ボタンを繰り
返し押す
60L斜めに
スライド
インフューザー
(ボタン)
×12.6×
20.6×
41.1
1.2
kg
マグナム
シリーズ
マグナム
グランド
(1005
/1006)
●○水以外
OK
好みの強さ
になるまで
ボタンを繰り
返し押す
60L
142L
斜めに
スライド
インフューザー
(ボタン)
×17.1×
21.1×
42.9
1.6
kg
マグナム
スマート
(1003
/1004)
●○水のみ好みの強さ
になるまで
ボタンを繰り
返し押す
60L
142L
少し
回す
ボトルを
手前に
引く
×13.5×
23.6×
42.9
1.6
kg
2024/1 筆者作成

  

「シリーズ630」と他機種の比較 10項目

「シリーズ630」が他機種とどう違うのか、10項目で比較していきます。

 

1.電動モデル

「シリーズ630」は電動モデルなので電源を確保する必要があります。電源の代わりに乾電池を使えばガス残量表示機能は使えますが、炭酸濃度の調節機能が使えません。電源と乾電池なしでも炭酸注入できますが、ガス残量表示機能と炭酸濃度の調節機能は使えません。

 

2.デザイン

パッと見たデザインは「620」とほぼ同じ。炭酸調節をするパーツが、「620」はレバーをつまんで回すタイプで、「シリーズ630」はボタンを回すタイプ。また、マシンヘッドの形が若干違う程度です。

 

3.価格

「シリーズ630」の価格は28,900円。ドリンクメイトの中で1番高級な機種です。

 

4.カラー

「シリーズ630」のカラーは白か黒のみ。ドリンクメイトで白黒以外のカラーは「ベーシック」の赤のみです。

 

5.炭酸注入可能な飲料

「シリーズ630」は水以外にも炭酸注入ができます。

ジュースやお酒に炭酸注入をして楽しんだり、気が抜けた炭酸飲料をしゅわしゅわに復活させることができます。

 

6.炭酸濃度調整

「シリーズ630」は炭酸濃度が6段階で調節可能なので、お好みの炭酸濃度を楽しむことができます。

ドリンクメイトの中では「620」も炭酸濃度の調節ができますが4段階です。

 

7.対応ガスシリンダー

「シリーズ630」は60Lと142Lのマグナムガスシリンダーに対応しています。

マグナムガスシリンダーに対応しているのは、「631」「630」「620」「マグナムグランド」「マグナムスマート」の4機種です。

 

8.ボトルの着脱方法

「シリーズ630」は、ボトルにインフューザーを取り付けたものを、本体に少し回してセットします。

ボトルの装着が簡単なのは、斜めにスライドして取り付ける「ベーシック」「マグナムグランド」です。

 

9.ガス抜き方法

「シリーズ630」は、インフューザーのレバーをスライドさせてガス抜きをします。

レバー式なのは、「631」「630」「620」「601」です。

 

10.サイズ・重量

ドリンクメイトの中で一番コンパクトな「ベーシック」よりも、若干大きいくらいのサイズ。

重量は2,450gとドリンクメイトで1番重く、最軽量のベーシック1,200gと比べて倍近くです。ガスシリンダー交換時に重さが気になることもあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

最新モデル「シリーズ630」と旧モデル「シリーズ620」の違い!どっちがおすすめ?

ドリンクメイト最新モデルの「シリーズ630」と旧モデル「シリーズ620」だったら、最新モデル一択でしょ!という方もいれば、いやいや旧モデルの方がお買い得じゃない?という方もいると思います。

しゅわちゃん
しゅわちゃん

ぶっちゃけ、どっちがおすすめ?

ということで、2機種の違いについてまとめてみました。


デザインの違い

「シリーズ630」と「シリーズ620」のデザインは同じ600番シリーズでとても似ていますが、炭酸濃度調整ボタンがデジタルとアナログの違いがあるため、「シリーズ630」の方がやや高級感があります。

 

炭酸濃度の調整機能の違い

炭酸濃度の調整は、「シリーズ630」が6段階、「シリーズ620」が4段階で設定可能です。

炭酸濃度を細かく調整したい!という方は「シリーズ630」がおすすめです。

ただし、「シリーズ630」は電源コードがないと炭酸濃度調整はできないため、キッチンなどドリンクメイトを配置する場所に電源の確保が必要になります。

 

ガス残量表示機能の違い

「シリーズ630」は、ドリンクメイト初となるガス残量表示機能が搭載されています。

ベストなタイミングでガスシリンダーを交換できるため、ガス残量の表示はとても魅力的な機能です。

 

価格の違い

価格は、「シリーズ630」28,900円、「シリーズ620」18,568円。

価格だけ考えると「シリーズ620」が「シリーズ630」よりも約1万円安く、リーズナブルに購入することができます。

 

おすすめな機種はどっち?

「シリーズ630」と「シリーズ620」を比較しておすすめなのは…

ドリンクメイト唯一、とても嬉しいガス残量表示機能があり、高性能で利便性の良い「シリーズ630」をおすすめします。

「シリーズ630」はドリンクメイトが誇る機能を詰め込んだ素晴らしい機種です。


ちなみに、

  • ハイスペックでコスパもいいものを選びたい方
  • 電源コードはいらない!ガス残量表示もなくていい方

    「シリーズ620」

がおすすめです。

「シリーズ620」の詳しいレビューはこちら▼

★後日公開


スポンサーリンク

類似機種「シリーズ630」と「シリーズ631」の違い!どっちがおすすめ?

ドリンクメイトの英知を詰め込んだ「シリーズ630」ですが、実はコストコから超類似している機種「シリーズ631」が発売されています。

機能や見た目はほぼ同じ。大きな違いは、以下の4点。

  • 炭酸注入が「シリーズ630」はボタン・「シリーズ631」はレバー
  • 乾電池が「シリーズ630」は使える、「シリーズ631」は使えない
  • 価格が「シリーズ630」は28,900円、「シリーズ631」は10,750円※2024年1月時点
  • ドリンクメイト公式で「シリーズ630」は取扱いがあり、「シリーズ631」は取扱いがない。

炭酸注入がボタンか、レバーかは、どちらでもいいかな?という印象です。

大きな違いは乾電池。「シリーズ630」は電源を使っていないときに乾電池を使うと、ガス残量表示機能を使うことができます。一方で、「シリーズ631」は乾電池が使えません。

一方で価格差は約1万8千円と大きい。

「シリーズ631」は公式サイトでの取り扱いがありませんが、楽天市場で取り扱いがあることもあるため要チェックです。

  • 少し高くてもいいから、ドリンクメイト公式の最上位機種が欲しいという方は、
    「シリーズ630」
  • コストコモデルでいいから、リーズナブルなものがいいという方は、
    「シリーズ631」

がおすすめです。

炭さん
炭さん

ぼくはコストコモデルを使っています。最新モデルをお得に使えてとても気に入っています!


スポンサーリンク

「シリーズ630」のデメリットは?

ドリンクメイト最上位機種「シリーズ630」の機能はパーフェクト。デメリットはコストと使い勝手です。

「シリーズ630」のデメリット
  • 本体価格が少し高い
  • 電源を必要とするため、設置場所が限定される

屋外で使いたい場合などは、ポータブル電源を別途用意するか、もしくは電源不要のモデルがおすすめです。

ちなみに、「シリーズ630」の消費電力は30W程度なので、電気代に関しては気にしなくてOKです。

 

スポンサーリンク

「シリーズ630」がおすすめな方

「シリーズ630」がおすすめなのはこんな方!

  • 炭酸濃度を6段階で調整したい方
  • ガスシリンダーの残量を確認しながら使いたい方
炭さん
炭さん

両方に当てはまる方は、ぜひ「シリーズ630」で快適炭酸ライフを送りましょう♪

 

 

スポンサーリンク

購入時に知っておきたいポイント

さあ、ドリンクメイトを購入しよう!という方、ちょっと待ってください!

ドリンクメイト生活をより快適にするためのポイントをいくつか紹介します。ぜひチェックしてみてください。

 

本体に付属品がセット販売されている

引用元:ドリンクメイト

公式ショップでは、すべての機種でドリンクメイト本体に付属品がついています

必要以上のものを無駄に買ってしまわないように、購入予定の機種の付属品を確認しておきましょう。

「シリーズ630」スターターセットの内容
  • ソーダメーカー本体 x 1
  • インフューザーx 1
  • ボトル L(満水容量850ml) x 1
  • ガスシリンダー60L用 x 1(マグナムシリーズは142L用×1)
  • 電源コード×1

 

ガスシリンダーと専用のボトルは2本ずつあると便利

ドリンクメイトを使っているとガスシリンダーの交換が必要になりますが、1本しかないと、空になってから交換するまでの間、ドリンクメイトが使えない期間が発生してしまいます

セットに付いている1本に、追加でもう1本を買っておくと、快適に炭酸ライフを過ごせます。

※追加のガスシリンダーは予備用を購入します。交換用は空になったガスシリンダーと交換するものになるので間違えないようご注意ください。

ドリンクメイトの60L用ガスシリンダーはこちら▼

created by Rinker
ドリンクメイト(drinkmate)
¥3,672 (2024/02/24 22:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

 
ドリンクメイトの142L用ガスシリンダーはこちら▼

created by Rinker
ドリンクメイト(drinkmate)
¥6,458 (2024/02/24 23:36:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、ドリンクメイトを使うときは事前に専用のボトルに水を入れて冷蔵庫で冷やします。このボトルが1本しかないと、もっと飲みたい!というときに水が冷えてなく飲めないことに…

水を入れてまたすぐに作ればいいんじゃないか!と思うかもしれませんが、炭酸ガスはキンキンに冷えた水によく溶ける性質があるため、ぬるい水だと満足いく炭酸水はできません。

炭酸水をたくさん作りたい方は、冷蔵庫に水を入れたボトル2本以上を常備すると快適な炭酸ライフが過ごせます

 

お好みのシロップを準備しよう

ドリンクメイトでいろんな炭酸飲料を飲みたい方はシロップの準備が必須です。

お好みのシロップをいくつか冷蔵庫に入れておけば、その日の気分で最高の炭酸飲料が楽しめます。シロップの数だけ幸せになれて最高~!

炭酸水におすすめのシロップをまとめています▼

炭酸水におすすめのシロップ&フレーバー21種類をランキング

【ソーダストリーム炭酸水におすすめの人気シロップ&フレーバー21種類をランキング】お気に入りの味付けをみつけよう!
しゅわちゃん ソーダストリームで作った炭酸水がおいしい~!…でも、いろんな味の炭酸飲料も飲みたいな。 炭さん そんなときは、ソーダストリームで作った炭酸水にシロップやフレーバーを入れて自分好みのおいしい炭酸飲料を作ろう! しゅわちゃん 面白...

 

スポンサーリンク

まとめ

2022年7月に発売したドリンクメイトの新機種「シリーズ630」!

「シリーズ630」は、炭酸濃度が6段階に調節できて、水以外も炭酸にできて、大容量マグナムガスシリンダーも使えて、ガス残量表示もできる、すばらしすぎる機種です。

炭さん
炭さん

機能面では他の炭酸メーカーの追随を許しません!

しゅわちゃん
しゅわちゃん

「シリーズ630」欲しすぎる!


ドリンクメイト全機種の中でどれがおすすめ?という方は、こちらから、ぴったりな機種をみつけてください▼

【2024年 最新】ドリンクメイトどれがいい?おすすめ機種ランキング!全モデルを比較して完全解説!

【2024年 最新】ドリンクメイトどれがいい?おすすめ機種ランキング!全モデルを比較して完全解説!
ソーダストリム全9機種を徹底比較しておすすめ・いまいちポイントを解説。各機種に評価点数を付けて「おすすめランキング」を紹介。どれがいいか結論をだせる内容にしています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。素晴らしい炭酸ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました