スポンサーリンク
炭酸アイテム

炭酸ボトル(水筒)を7種類厳選して徹底比較&ランキング!おすすめNo.1はどれ?

炭酸アイテム
スポンサーリンク

しゅわちゃん
しゅわちゃん

炭酸飲料を入れることができるボトル(水筒)があるの?今すぐ使ってみたいんだけど!

炭さん
炭さん

そんなボトル…あるんだよ!
外出時にキンキンに冷えた炭酸飲料を飲めるんだ♪サイコーでしょ!今回は、毎日炭酸ボトルを使っているぼくが、炭酸飲料対応のボトルをいろんな角度から比較します。これを読めば、あなたにピッタリの炭酸ボトルがみつかります!

 

スポンサーリンク

炭酸ボトル(水筒)を選ぶ3つのポイント

1.炭酸飲料を入れることができる

炭酸飲料を入れることができるボトルであることが大前提です。

実は、炭酸飲料に対応しているボトルはそんなに多くはありません。大部分のボトルは炭酸飲料NGなんです。

炭酸飲料NGのボトルに炭酸飲料を入れてしまうと、栓が抜けて爆発したり、大変なことになるため、しっかり確認して選びましょう。

2.保冷機能が優れている

外出時、ボトルに入れた炭酸飲料がぬるくなってしまったら…残念ですよね。

炭酸ボトルでも保冷機能がないものもあるので要注意です。

各種ボトルの保冷する力については、メーカー各社から試験結果が示されています。詳細は後述します。

3.好みのボトル

わくわくするデザイン、使い勝手の良いサイズ、キンキンに冷やす保冷力、値段などを総合的にみて、一番好みのボトルを選ぶことができれば、大満足の炭酸ライフを送れるはずです♪

次項に、数種類の炭酸ボトルの中から自分に合ったものを選ぶための情報を詰め込みました。みさなんの好みのボトルがみつかることを願っています!

スポンサーリンク

7種類の炭酸ボトル(水筒)を比較

炭酸飲料を入れることができるボトルの数は限られていますが、その中でも特に人気な7種類を徹底比較しました。

比較表

ブランド ボトル名 デザイン 容量 価格
(税込)
カラー
サイズ
本体径×高さ
(cm)
口径サイズ 重量 保冷効力
(6時間)
保冷時間 保温時間 洗い易さ
(部品)
特徴 購入時の
注意ポイント
TIGER
タイガー
(日本)
MTA-T
050/080/
120/150
①500ml
②800ml
③1200ml
④1500ml
6,000円
6,500円
7,000円
7,500円
3色 ①7.5×21.2
②7.5×29.3
③9.1×29.1
④9.1×34.2
(ストラップ部分は含めず)
4.8cm ①290g
②380g
③470g
④530g
①8度以下
②7度以下
③7度以下
④6度以下
不明 不可 本体
ストラップ
キャップ+
パッキン
せん+
パッキン
・タイガー独自の炭酸対応せん
・炭酸が気化しにくい加工
FLSK
フラスク
(ドイツ)
 FLSKボトル ①350ml
②500ml
③750ml
④1000ml
5,170円
5,390円
6,490円
7,590円
9色 ①7.1×20.9
②7.0×25.0
③7.5×29.2
④8.9×32.1
①3.2cm
②3.2cm
③3.6cm
④3.6cm
①265g
②315g
③410g
④510g
①6.9度
②6.0度
③6.0度
④6.0度
保冷
24時間
保温
18時間
本体
キャップ+パッキン
・高い保温・保冷力
・デザイン賞受賞
・BPAフリー
飲み口が狭く
大きな氷が入らない
GLACIAL
グレーシャル
(スウェーデン)
GLACIALボトル ①280ml
②400ml
③600ml
4,540円
4,990円
5,990円
①6色
②21色
③8色 
①6.7×20.8
②6.7×26.4
③7.5×30.3
①3.2cm
②3.2cm
③3.4cm
①260g
②320g
③400g
①8度以下
②7度以下
②7度以下
保冷
24時間
保温
12時間
本体
キャップ+パッキン
BPAフリー 飲み口が狭く
大きな氷が入らない
REVOMAX
レボマックス
(アメリカ)
REVOMAX2 ①355ml
②355ml
③592ml
④950ml
4,400円
4,400円

5,060円
5,940円
①3色
②7色
③13色
④10色
①7.5×20.3
②6.7×23.1
③7.5×27.0
④8.7×30.0
4.4cm ①274g
②272g
③349g
④482g
①7度
②7度
③6度
④5度
保冷
36時間
保温
18時間
本体
リング
キャップ+パッキン
・片手でフタの開閉可能
・長時間の保温保冷が可能
30分毎に開封して
圧力を下げないと
キャップが自然に開く
恐れがある
STANLEY
スタンレー
(アメリカ)
クラシック
真空グロウラー
①1000ml
②1900ml
7,150円
9,350円
①1色
②2色
①10.2×25.2
②12.5×29.4
(ハンドル部分は含めず)
6.0cm ①630g
②990g
①6度以下
②5度以下
保冷
①14時間
②24時間
非推奨  本体
フタ+パッキン
・氷の保存にも最適
・ハンドルを持って飲める
THERMOS
サーモス
(日本)
FJK-500/750 ①500ml
②750ml
3,300
3,850
①3色
②2色
①6.5×24.0
②7.5×28.0
3.6cm ①200g
②300g
10度以下 不明 不可  本体
フタ+
パッキン
せん+パッキン
・2重の圧力を下げる構造
MATE OF
STEEL
メイトオブスチール

(ドイツ)
 Dory 800ml 6,490円
公式サイト
割引あり
1色 7.7×28.0 3.2cm 443g 不明 保冷
24時間
不明  本体
キャップ
・ソーダストリームから
炭酸を直接注入できる
公式サイトのみ販売
参照:各社公式HP(2022年4月)

※比較表の価格は、公式サイト等に記載されているものですが、リンク先のアマゾンでは安くなっている可能性があります。

上記表の用語解説

■保冷効力
保冷効力とは、室温20度±2度において、製品に冷水を満たし、縦置きにした状態で水温が4度±1度の時から6時間放置した場合におけるその水の温度。温度が低いほど「保冷効力が良い(高い)」ということになる。

BPA (ビスフェノールA)
プラスチックの原料として使用される化学物質。妊娠している人や乳幼児がこの物質を摂取すると悪影響がある可能性がある。

各項目の比較ポイント

ブランド

タイガーとサーモスは国内メーカー、その他は海外メーカーです。フラスクは高評価の口コミも多く、人気ブランドとなっています。

容量

フラスク・グレーシャル・レボマックス・サーモスは1000ml以下の容量に力を入れています。逆にスタンレーは1000ml以上のラインナップです。タイガーは唯一500ml~1500mlがあり幅広いです。

価格

サーモス以外のボトルに大きな差はないですが、サーモスだけが他のボトルの半分ほどの価格であり、圧倒的に安いです。

カラー

海外メーカーのフラスク・グレーシャル・レボマックスが圧倒的に充実しています。

本体・口径サイズ

本体サイズはフラスク・グレーシャル・サーモス・メイトオブスチールが若干細長い形状、タイガーとレボマックスが中間、スタンレーが太い形状です。口径はフラスク・グレーシャル・メイトオブスチールが小さく、サーモスも若干小さいので、氷を入れたい方は注意が必要です。

重量

スタンレーが重く、サーモスが軽いです。他は標準的で容量に応じた重さになっています。

保冷効力

フラスク・レボマックス・スタンレーの保冷効力が高いです。次いでグレーシャル・タイガー、そしてサーモスとなっています。どの炭酸ボトルも十分な保冷機能があります。メイトオブスチールの保冷効力についてはデータを見つけられませんでしたが、保冷が24時間継続するデータがあり高い保冷機能を示しています。

お手入れ

メイトオブスチールのパーツ数は2つ、フラスク・グレーシャル・レボマックス・スタンレーのパーツ数は3つ、サーモスは5つ、タイガーは6つです。洗浄時、毎回すべてのパッキンやストラップを外して洗いたい方は、サーモスとタイガーは負担があるかもしれません。

スポンサーリンク

各炭酸ボトル(水筒)の特徴

全7種類の炭酸ボトルを紹介していきます。

タイガー TIGER(MTA-T 050/080/120/150)

無骨ながらも品のあるデザイン、飲み口があるタイプ、慣れ親しんだ国内メーカーのものが欲しい方は、タイガーがおすすめです!

シンプルなデザインの炭酸ボトルが多い中、タイガーはキャップとせんをつなぐ太いストラップが付いており、全体のデザインに無骨感があるため、スポーツやアウトドアで使う場合にもピッタリです。

また、他のボトルは本体が飲み口になっていますが、タイガーには専用の飲み口があります。そのため、中身が一気に出てきてしまうことがなく、子供でも飲みやすい構造となっています。

炭さん
炭さん

我が家はタイガーの炭酸ボトル500ml(スチールカラー)を愛用しています!無骨なデザインなのでアウトドアや公園に行くときなどに使っています。

タイガーの炭酸ボトルをこちらの記事で詳しくレビューしています

タイガー魔法瓶 炭酸ボトル(水筒)の使用感を徹底レビュー!おすすめの理由8つ&デメリット2つ!
しゅわちゃん 炭酸飲料を入れることができるボトル(水筒)があるの!? 外出時に持って行けるならすごく楽しそう! 炭さん 通常のボトルは、構造上、炭酸飲料を入れること...

フラスク FLSK(FLSKボトル)

シンプルで洗練されたデザイン、世界最高クラスの保冷・保温力のものが欲しい方は、フラスクがおすすめです!

どうですか!この見とれてしまうほどの洗練されたきれいなデザイン!細長い形状でカバンなどに収納しやすいです。

高いの保冷・保温力があり、冷水を入れて24時間後も冷たさがキープ、熱湯を入れて18時間後も熱さがキープされます。冷たい炭酸水、アツアツのスープを入れることができます。

その見た目と性能で、大手通販サイトで他機種を寄せ付けない口コミ数と高評価を得ています。

商品はおしゃれな外箱に入っているため、プレゼントにも最適です。

デメリットとして、350mlと500mlは口径が3.2cm(750mlと1000mlは口径3.6cm)となっており、実際には2.8cmくらいの小さめな氷しか入りません。氷を使用しない方は問題ありませんが、使用したい場合は小さめの氷を作る製氷機が必要です。

炭さん
炭さん

我が家はフラスク500ml(シャンパンカラー)を愛用しています!デザインが素晴らしすぎるので、自分のおしゃれ度も上がった気になります。

フラスクの炭酸ボトルをこちらの記事で詳しくレビューしています

FLSK(フラスク)炭酸ボトル(水筒)の使用感を徹底レビュー!おすすめの理由8つ&デメリット3つ!
しゅわちゃん 海外メーカーのおしゃれな炭酸ボトル(水筒)があるって聞いたんだけどどうなの? 素敵なボトルを持って外出して…憧れる~! 炭さん 海外メーカーの洗練され...

グレーシャル GLACIAL(GLACIALボトル)

持ちやすいシンプルなデザイン、高性能な保冷・保温力のものが欲しい方は、GLACIAL(グレーシャル)がおすすめです!

フラスクと似た構造ですが、ボトルの形状にくびれがあるデザインになっており、持ちやすそうです。

サイズは280ml、400ml、600mlの3規格であり、大きめのサイズがありません。また、ペットボトルの炭酸飲料を移し替えるのにちょうど良い500mlもありません。

カラーはベーシックなものから個性的なものまで豊富にあり、幅広い層に対応しています。

280mlと400mlは口径が3.2cm(600mlは口径3.4cm)となっているため、大きめの氷は入りません。

レボマックス REVOMAX(レボマックス2)

 

フタを片手で簡単に開けることができるもの、リング状のキャップで持ち運びできるものが欲しい方は、レボマックスがおすすめです!

容量は比較表には記載していないのも含めて、266ml、355ml、355ml(スリム)、473ml、592ml、950mlの6規格あり、カラーも豊富にあります。レボマックスなら、自分好みのぴったりなボトルがみつかること間違いなしです!

フラスク並みに高い保冷・保温力があり、冷水を入れて36時間後も冷たさがキープ、熱湯を入れて18時間後も熱さがキープされます。

注意ポイントは、注意書きに記載のある「炭酸飲料をご使用の場合は30分に一度を目安に開封し、中の圧力を下げてください。キャップが自然に開く恐れがあります。」という点です。口コミをみても、キャップが自然に開いてしまったというケースはなさそうですが、カバンの中でキャップが開いてビチャビチャになったりするリスクがゼロというわけではないので注意が必要です。

スタンレー STANLEY(クラシック真空グロウラー)

ビールを冷たく持ち運びたい方、キャンプなどのアウトドア専用の炭酸ボトルが欲しい方は、スタンレーがおすすめです!

クラシック真空グロウラーは、アメリカで量り売りビールを持ち運ぶために開発されたボトルです。日本ではアウトドアで使う人が多い印象です。キャンプやバーベキューなどで机に置いてあると雰囲気がでること間違いありません。

サイズは1000mlと1500mlの2規格であり、小さめのサイズがありません。大容量で口径も6cmと大きいので、キャンプ用の氷を入れるのに使っている人もいます。

重量は重めですが、このずっしりとした感じが無骨でかっこいい雰囲気を出しているので、デザインが好きな方は気にならないと思います。

サーモス THERMOS(FJK-500/750)

とにかく価格が安いものが欲しいという方は、サーモスがおすすめです!

例えば500mlだと、他のボトルは5,000円~6,000円の価格帯ですが、サーモスは3,300円(税込)です。

容量が500mlと750mlの2規格なのでラインナップが少ないのと、保冷効力は4℃冷水が6時間後に10℃以下というデータとなっており他のボトルより若干劣ります。

2022年3月1日に新発売した新しいボトルなので、話題性があります。

created by Rinker
¥2,544 (2022/09/26 14:09:55時点 楽天市場調べ-詳細)

メイトオブスチール MATE OF STEAL(Dory)

炭酸メーカーのソーダストリームをお使いの方、おすすめです!

メイトオブスチールは、ソーダストリームに取り付けをして直接炭酸注入できるボトルです。他のボトルのように炭酸飲料を移し替える作業があると、移す衝撃で炭酸が少なからず減少するため、直接注入できるのはポイントが高いです。

ただ、従来のメイトオブスチールのボトルは保冷機能が付いておらず、外出先で炭酸ボトルとして使用するにはイマイチでした。しかし、2022年4月に、24時間保冷機能が搭載された「Dory」が新発売!これによって、ソーダストリームで作った炭酸水を、外出先でも冷えたおいしい状態で飲むことが可能になりました。

デメリットをあげるなら、ソーダストリームからガスを注入する前準備として、「Dory」に入れる冷えた水を用意する必要があります。冷水のウォーターサーバーがある方や、浄水器を常に冷蔵庫に入れている方なら問題ないかと思います。

「Dory」は大手通販サイトではまだ販売されておらず、公式サイトのみでの取り扱いとなります。※2022年4月現在

スポンサーリンク

総合おすすめランキング

炭さん
炭さん

炭酸ボトルを実際に使用して徹底調査をしたぼくが、おすすめしたい炭酸ボトルをランキングにしました!

 

 第1位 タイガー 

炭酸ボトル厳選7種類の中で、総合おすすめNo.1は「タイガー」です。

タイガー炭酸ボトルは、総合力がとても高い炭酸ボトルです。デザインがおしゃれでいてシンプル過ぎないため、あらゆるライフスタイルのシチュエーションにマッチします。氷が入れやすいのもポイントです。

炭さん
炭さん

ぼくが気に入って使っているボトルです。公園やキャンプへのお出かけにも、もちろん仕事にも、持っていく場所を選びません。悩んだらタイガーの炭酸ボトルを買っておけば間違いありません。

 

 第2位 フラスク 

炭酸ボトル厳選7種類の中で、総合おすすめNo.2は「フラスク」です。

フラスクは、見た目の美しさと性能の高さで他の追随を許しません。実際に使っているとおしゃれな気分にさせてくれます。炭酸ボトルに氷は入れないよ、という方なら、タイガーより保冷効力が高いフラスクがおすすめです。

炭さん
炭さん

こちらもぼくが気に入って使っているボトルです。デザインがおしゃれすぎて惚れ惚れします。

 

 第3位 サーモス 

炭酸ボトル厳選7種類の中で、総合おすすめNo.3は「サーモス」です。
7種類の中でダントツに価格が安いため3位にしました。炭酸ボトル使ってみたいけどどうしようかな?と迷っている方は、とりあえずサーモスで炭酸ライフをはじめてみてもいいかと思います。国内大手水筒メーカーであり、安心感もありますね。
 その他 
実際のところ、ランクインしていない他の炭酸ボトルも素晴らしいです!
くびれた形が好きならグレーシャル、個性的なカラーを選びたい方はレボマックス、アウトドアで大人数でビールを飲みたい方はスタンレー、ソーダストリームを持っている方ならメイトオブスチールがおすすめです!
スポンサーリンク

まとめ

炭酸飲料を入れることができるボトル(水筒)の種類はまだまだ少ないです。

ただし、コンビニやスーパーなどでいろんな種類の炭酸水が売られるようになってきたり、SDGsによって環境意識も高まってきているため、今後徐々に炭酸ボトルのニーズは増えていくと思います。

 

炭さん
炭さん

炭酸ボトルに入った炭酸飲料を飲むことが日中の楽しみになっています。あつーい夏の屋外で炭酸ボトル入りのキンキンに冷えたビールを楽しむ…なんてこともできますよー!

炭酸が身近になることで普段の生活がちょっとだけ豊かになるはずです♪

 

 

ご自宅に炭酸水メーカーを導入して、外出時に格安炭酸飲料をボトルに入れて持っていきませんか??炭酸水メーカーは圧倒的にソーダストリームがオススメです。ぜひコチラもチェックしてみて下さい↓↓

ソーダストリーム全種類を徹底比較!価格・デザイン・機能別におすすめ機種をランキング!
しゅわちゃん 手軽に炭酸水が作れるソーダストリームが欲しい…!でもどの機種を選べばいいか分からないよ~。 炭さん よし。今回はソーダストリーム全機種の違いを分かりやすく解...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。よい炭酸ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました